交流分析 (transactional analysis)

 1950年代後半に、精神科医E.バーンによって提唱された一つの心理学理論です。
 人格と個人の成長と変化における体系的な心理療法の理論です。
 交流分析における「交流」とは人と人との間の交流ではありません。同一自己の内的世界における種々の自我状態の状態間の関係を示します。
 たとえば、それをエゴグラムとしてプロフィールが描かれるようなテスト(TEG)があります。エゴグラムにおいて、自我状態は子ども、成人、親に分けられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする