臨床的面接法 (clinical interview)

 心理学領域で多く行われる面接方法の代表です。
 何らかの問題や症状などに関して、心理治療を目的として面接が進められるものを指します。

 おもにカウンセリングや心理療法で用いられています。
 代表的なものの例には、精神分析療法、クライエント中心療法、集団精神療法があります。
 クライエントとの関係を重視しつつ、面接のなかでおもに言語を媒介としクライエントの問題の解決を援助します。
 クライエントの語る内容や感情、思考、あるいは行動に焦点を当て、フィードバックを与えます。しかし、各種心理療法で焦点を当てる側面には相違があります。
 臨床的面接が行えるようになるためには,専門的な訓練が 必要とされます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする