非構造面接 (unstructured interview)

 大まかなテーマのみを想定し具体的な質問項目は準備しない面接です。対象者との自由なやり取りのなかで研究者がテーマに関する事柄を見出していくものです。
 非構造面接の特徴には、面接の状況に応じて、質問内容や評価方法を選択することが挙げられます。クライエントが自由に回答や反応することが可能な「開かれた質問」が用いられます。開かれた質問の例として、

  • 「あなたの仕事について話して下さい」
  • 「ご自分の職場における地位をどう思いますか」

 などがあります。

スポンサーリンク

面接における働きかけ

導入質問

「~について教えていただけますか?」などの問い

フォローアップ

 うなずき、相槌、重要と思われる話の繰り返し

探索的質問

「それについてもう少し詳しく教えていただけますか?」などの探りを入れる問い

明細化質問

「そのときどう思いましたか?」など特定の場面や内容に焦点を絞った問い

直接質問

「お子さんに~のような話をされたことはありますか?」など、あるトピックについて直接たずねる問い。

間接質問

「お子さんに体罰をされたことはありますか?」と対象者自身について尋ねる代わりに、「体罰をされるお母さんの話を聞かれたことはありますか?」と他者について尋ねることによって、対象者の考えを把握していくような問い。

構造化

「では、少し違ったことをうかがいたいのですが」と、面接の流れを作るような問い

沈黙

 対象者は、休止中に行う連想や内省をきっかけとして、重要なことを話し出すこともある

解釈的質問

「~ということですね?」という言い換えによる確認や、「その時の気持ちを言葉にすると~という感じでしょうか」という明確化を行うような問い。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする