ディスクレパンシー (discrepancy)

 ウェクスラー式知能検査における2つの因子ごとのIQである言語性IQ(VIQ)と動作性IQ(PIQ)の差です。
 知能が高いほどこの差も大きいため一概に異常とは見なせません。両者の大きな差(10数)や下位検査項目間の大きな高低差は問題を示唆しています。
 言語性IQが動作性IQを上回る人には、

  • 教育水準の高い人
  • うつ病
  • 多発性硬化症(運動障害)
  • 中期アルコール症
  • アルツハイマー病

 などがいます。
 動作性IQが言語性IQを上回る人には学習障害児などがいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする