運動能力障害 (motor sills disorder)

 発達性協応障害ともよばれます。
 運動の協応性の発達が目だって悪い障害です。運動や手先の器用さが年齢相応のレベルより著しく劣っています。
 症状としては精神遅滞や、脳性麻痺のような身体的障害に似ていますが、原因は知能や体ではなく、脳にあると考えられています。
 この診断はこの障害によって学業や日常生活行動が阻害されている場合にのみ下されます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク