トゥレット症候群 (Tourette’s syndrome)

 チック障害の中で特に重症なもので、複数の運動性チックに加え、音声チックが生じます。
 フランスの医学者ジル・ド・ラ・トゥレットが執筆した重いチック障害に関する論文からこの名前がつきました。
 患者数は1万人に4~5人程度と言われ、あまり多くはありません。
 DSM-Ⅳ-TRで定められたトゥレット症候群の定義は以下の2点がポイントです。

  • 複数のチック症状がある
  • 1年チックが以上続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする