双極Ⅰ型障害 (bipolar Ⅰ disorder)

 双極性障害の一つの形態で、入院が必要になるほどに躁状態とうつ状態を繰り返すものです。
 躁状態、または混合状態が1回認められれば、双極I型障害と診断されます。
 DSM-Ⅳ-TRにおいては混合性エピソードがあれば双極Ⅰ型障害と診断することになっています。
 ただし混合性エピソードとは、躁状態とうつ状態の診断基準を100パーセント満たす必要があります。
 そのため、混合性エピソードを双極性Ⅰ型障害の基準にしてしまうと当てはまる患者は滅多にいなくなります。
 しかし一方で、混合状態という言葉は混合性エピソードよりも幅広く曖昧に使われています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク