双極Ⅱ型障害 (bipolar Ⅱ disorder)

 双極性障害の一つの形態で、本人も周りも困らない程度の軽い躁状態と、うつ状態を繰り返すものを言います。

 双極Ⅰ型障害がうつ状態と躁状態を繰り返すのに対し、双極Ⅱ型障害ではうつ状態と軽躁状態を繰り返します。
 躁状態は本人や周りの人間が困る状態であるのに対し、軽躁状態は本も周りの人間もそれほど困ることはありません。
 軽躁状態は気分が高揚し、調子が良い状態をいいます。そのため、軽躁状態のときに病院へ行く患者はほどんどいません。
 多くの場合、うつ状態になって初めて病院を受診します。
 双極Ⅱ型障害の軽躁状態は非常に自覚されにくいため、診断において双極Ⅱ型障害を、うつ病と区別するのは大変難しくなります。

 双極Ⅱ型障害は、うつ病と区別するのが難しい症状です。
 しかし、うつ病が再発率が低い病気であるのに対し、双極性障害はⅠ型、Ⅱ型ともにうつ状態の再発率が高い病気です。
 また、双極Ⅱ型障害のうつ状態と、うつ病では治療に使う薬が違います。
 うつ病では抗うつ薬を処方しますが、双極性障害はⅠ型、Ⅱ型ともに抗うつ薬は効きにくいです。
 そのため、うつ病なのか双極性障害なのか明確に区別する必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク