神経性無食欲症(拒食症) (anorexia nervosa)

 専門家によっては「自発性飢餓」とも呼ぶ人もいます。摂食方法に異常で、極端な体重減少がみられます。
 患者はボディ・イメージが歪んでおり、極端に痩せているのに、さらに痩せたいという願望を抱きます。

スポンサーリンク




神経性無食欲症の分類

 拒食症は「制限型」と「むちゃ食い/排出型」に分類されます。

制限型

 節食・断食といった食事制限を行います。これにより体重が減少していくのです。

むちゃ食い/排出型

 むちゃ食いと排出行為を繰り返します。排出行為には自己誘発性嘔吐や下剤などを用います。

拒食が及ぼす身体への悪影響

  • 感染症にかかりやすくなる
  • 疲れやすい
  • うぶ毛の密生
  • 無月経

DSM-IV-TRでの神経性無食欲症診断基準

A.年齢と身長に対する正常の体重の最低限、またはそれ以上を維持することの拒否   (例:期待される体重の85%以下の体重が続くような体重減少;または成長期中に期待される体重増加がなく、期待される体重の85%以下になる)
B.体重が不足している場合でも、体重が増えること、また肥満することに対する強い恐怖
C.自分の体重または体型の感じ方の障害、自己評価に対する体重や体格の過剰な影響、または現在の低体重の重大さの否認。
D.初潮後の女性の場合は、無月経、すなわち月経周期が連続して少なくとも3回欠如する(エストロゲンなどのホルモン投与後のみ月経が起きている場合、その女性は無月経とみなされる)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする