B群パーソナリティ障害(Cluster B Personality Disorders)

 B群パーソナリティ障害は、10種類あるパーソナリティ障害をグループ分けしたときの1つで、ドラマチック・タイプとも呼ばれます。
 情緒や感情の現れ方が適正でなかったり、劇的・過度な言動が目立つグループです。周囲の人間を振り回したり、トラブルに巻き込んだりすることが多々あります。
そのため、B群パーソナリティ障害の症状は、周囲の人々の関係のなかで問題化していきます。

スポンサーリンク

B群パーソナリティ障害の分類

 B群パーソナリティ障害は、その傾向から以下の4つのタイプに分類されます。

境界性パーソナリティ障害

 理想化とこき下ろしの両極端を揺れ動く対人関係、不安定な自己像と空虚感、不安定な感情・気分を特徴とします。自分が見捨てられるのではないかという怯えからなりふり構わない努力をします。また、性行為や物質乱用、無謀運転、浪費などの衝動的な行動を繰り返します。

演技性パーソナリティ障害

 常に注目の的になろうとします。挑発するような行動や芝居がかった態度、派手な外見をとります。過度に印象的なわりに中身の薄い話をし、対人関係を実際以上のものに見せようとします。

自己愛性パーソナリティ障害

 自分が特別であり、地位の高い人物にしか理解されないと考え、対人関係で相手を不当に利用します。他人に嫉妬し、尊大で傲慢な態度をとります。

反社会性パーソナリティ障害

 刑罰を受けても違法行為を繰り返します。平気で人を騙す、仕事が長続きしない、
借金返済などの経済的義務を果たさないなど良心の呵責が欠如しています。怒りっぽくて喧嘩っ早く、衝動的な行動をとります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする