アンダーマイニング効果

 アンダーマイニング効果とは、報酬が内発的動機づけを低める現象のことを言います。
「報酬が意欲を高める」というのは少し聞いただけでは当たり前の常識の様に思えます。しかし、1970年代から報酬は逆に意欲を低めるとい知見が公表されるようになりました。
 もともと意欲的に取り組んで活動に対して、外的な報酬を与えるという条件を提示すると、報酬が与えられなくなった後に、その活動に対する内発的動機づけが下がるという現象が発見されたのです。
 このことは後に、報酬のみならず、監視状況、期限の設定、教示のような外的拘束によっても同様の現象がみられることが明らかになりました。一方で、言語報酬(ほめ言葉)などは逆に内発的動機づけを高める場合(エンハンシング効果)があることも示されました。

スポンサーリンク

報酬目当ての動機付けについて

 アンダーマイニング効果の初期の有名な研究としてM.R.レッパーらによる以下のような研究が挙げられます。
 幼稚園児に、
①絵を描けばご褒美をあげる」と約束して絵を描いてもらう条件(ご褒美約束群)
②上記のような約束をせずに自由に絵を描いてもらった後、ご褒美をあげる条件(ご褒美約束なし群)
③以上の①、②の体験をしない条件(統制群)
 の3条件が設定された。
 その自由時間に幼稚園児たちが自主的に絵を描く姿が観察され、条件間で比較されました。その結果、他の2群に比べて「①ご褒美約束群」の描画時間は短くなりました。
 この結果は、とりわけ、「②ご褒美約束なし群」との比較から、ご褒美の提供それ自体ではなく、ご褒美を事前に約束することが自発的に絵に描く意欲を低めたという点がポイントとなります。つまり、ご褒美目当てで絵を描く経験がやる気を低めたと考えられます。

報酬が動機づけに及ぼす心理的メカニズム

 なぜアンダーマイニング効果が生じるのでしょうか。これまでいくつかの説明が試みられてきました。
 比較的有力なものはエンハンシング効果をも包括的に扱っている「認知的評価理論」による解釈です。E.L.ディシとR.M.ライアンによるこの理論では、人が自己決定と有能さへの欲求をもっていることを前提として、報酬が人の行動を駆り立てるとともに有能さの情報を伝えるという二面性に着目しています。つまり、自分の行動が報酬によってコントロールされている(自らの行為が外的な要因によって引き起こされている)と感じている場合、自己決定感を失い、結果としてその課題に対する内発的動機づけが低下します。一方、報酬が当人の有能さに関する情報を提供することで当人が有能感を高めるのであれば、その課題に対する内発的動機づけが高まるとしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする